会社沿革

昭和51(1976)年

東京都葛飾区南水元に本社を置く有限会社武田加工を資本金300万円にてを設立。
※ 工場は埼玉県草加市柿の木町

昭和57(1982)年

業務拡張のため、工場を茨城県岩井市大崎1295へ移転。

昭和59(1984)年

本社を茨城県岩井市へ移転。

平成元(1989)年

社内ラウンジ建設、DMG100FAREX制御を導入。

平成2(1990)年

オートパッカー、パレタイザー、フルラインを導入。
コンピューターカラーマッチングシステム(CMM)を導入。
株式会社へ改組し、「アルバファインテック株式会社」へ社名変更。

平成3(1991)年

完全週休2日制をコンパウンド業界に先がけて実施。
SUPER TEX77FAREX制御を導入。
資本金を1,200万円へ増資。

平成10(1998)年

IR分析機を導入。

平成11(1999)年

資本金を1,700万円へ増資。

平成12(2000)年

KTX46 2軸押出機を導入。
資本金を2,200万円へ増資。

平成14(2002)年

石下町(現 常総市)に本社工場を建設・移転。

平成18(2006)年

業務、生産管理システムを一新。

平成25(2013)年

メッシュコンベアーを導入。

平成26(2014)年

PP+PVDC複合樹脂の量産リサイクル技術を確立。

平成27(2015)年

スーパーエンジニアリングプラスチック対応型押出機の導入。
本社工場に研究室の増設。

平成28(2016)年

栃木工場を開設。
顕微IRを導入。

平成30(2018)年

軟質用ペレタイザーを導入。